Java・VoIP・Android・iOS・SMSの総合力にて価値の高いサービスを提供
トップページ得意分野とテクノロジースマートフォン・アプリケーション開発

スマートフォン・アプリケーション開発

よく見かける失敗

スマートフォン・アプリケーションというと、ゲームに代表されるBtoC的な楽しいアプリケーションが頭に浮かぶのではないでしょうか?
実際90%以上のスマートフォン・アプリケーションがゲームであり「スマートフォン・アプリケーション=ゲーム」といった状況です。

とりあえずスマートフォン向けに開発しましょう。といった安易な提案をする開発会社側にも問題があるのでしょう。 またマスコミが一部の成功した例を取り上げてスマートフォン・アプリケーションは安易に儲かるような幻想を与えているからでしょう。

何か面白そうなスマートフォン・アプリケーションを開発したいなどといった本末転倒した案件の話を聞く機会も少なくありません。

その結果、投資に見合ったリターンが得られず、スマートフォン・アプリケーションは儲からない、スマートフォン・アプリケーションは難しいなどといった的外れな要因を原因として撤退していってしまいます。

スマートフォン・アプリケーション開発 よく見かける失敗 スマートフォン
アプリケーション
開発
ストラテジー
(戦略)
タクティクス
(戦術)
オペレーション
(作戦)
テクニック
(技術)
正しいアプローチ ストラテジー
(戦略)
タクティクス
(戦術)
オペレーション
(作戦)
テクニック
(技術)
スマートフォン
アプリケーション
開発

戦略、作戦、戦術および技術

ストラテジー(戦略)> タクティクス(戦術)> オペレーション(作戦)> テクニック(技術)

上位の決定がなされない中で、最下層の技術に属する「スマートフォン・アプリケーション開発」が最初に来てしまっており本末転倒が生じているケースが多々見受けられます。

結果として投資に対して十分な利益を生まないスマートフォン・アプリケーションが出来上がり、スマートフォン・アプリケーションは儲からないなどといった的外れな反省をする事となります。

何をするかのかが明確でない。つまり戦略も何もない状況で、最下層のテクニックに属する「スマートフォンを利用したアプリケーション開発」が前面にでているゆえに必然的に投資に見合わない案件になってしまったに過ぎません。

あるべき姿のスマートフォン・アプリケーション開発

ソフトウェア開発研究所では、「誰の不便を解決するのか?」「誰にどのようなアドバンテージを提供するのか?」を十分に考え、その結果として、スマートフォン向けまたはスマートフォンに対応したアプリケーションの開発を決定します。

ソフトウェア開発研究所は、スマートフォン・アプリケーションは目的を達成するための数ある中の一つのツールであると考えております。
ソフトウェア開発研究所は、戦略に基づき必要が生じた場合のみスマートフォン・アプリケーションを開発する事にしております。
スマートフォン・アプリケーションは、数ある中の一つのツールであると考えております。

ソフトウェア開発研究所は、10年経過しても色褪せない価値を生み続けるアプリケーションを開発するために必要が生じた場合のみスマートフォン・アプリケーションを開発しております。

 




定休日:土曜日,日曜日
営業時間:9時00分~18時00分

〒107-0061
東京都港区北青山2丁目7番11号
青山但馬屋ビル2階