Java・VoIP・Android・iOS・SMSの総合力にて価値の高いサービスを提供
トップページ得意分野とテクノロジーSMS開発(OEM提供中)

SMS開発(OEM提供中)

SMS開発 SMSアプリケーション開発

SMSビジネス

2011年7月13日以前は同じ通信事業者同士(例:ドコモ端末からはドコモ端末にだけSMS送信が可能)でのみSMS送信が可能でしたが、2011年7月13日よりSMS相互接続サービスが開始された事により通信事業者の垣根を超えて利用可能になるました。

これにより海外と比べて後塵を拝していた国内のSMSビジネスが動き出しており、携帯番号だけでテキストメッセージを送れる利便性が再評価され利用が急拡大してしております。

SMS開発では老舗:全携帯キャリア対応

ソフトウェア開発研究所は、通信事業者の垣根を超えて利用可能になるSMS相互接続サービスが開始される事(2011年7月13日開始)を見越して2011年春よりSMSビジネスに注目し開発を開始しノウハウを蓄積しております。 つまりSMSを用いたビジネス・ソリューション開発においては老舗ともいえる存在であると自負しております。※全携帯キャリア対応です。(ドコモ、au、ソフトバンク、EMOBILE他)

VoIPアプリケーションと組み合わせてのSMS運用、Java業務アプリケーションと組み合わせてのSMS運用。
ソフトウェア開発研究所は、SMS開発のパイオニアとして他社よりも長い開発経験と運用経験がありますので、利用者に価値をもたらすビジネス・ソリューションの提供とその経験に基づきストレスを利用者に感じさせない運用を可能としております。

OEM提供:利用社数:500社以上、月間SMS送信数:300万通以上

ソフトウェア開発研究所では、販売力がある企業様を対象にSMS送信システムのOEM提供を行っております。
現在、OEM提供先を経由して市場の主なプレイヤーにも提供しており、経験と実績が十分にあると強く自負しております。

SMSは単なるメッセージツール

SMSは、単なるテキストメッセージを送るツールでしかありません。
スマートフォン・アプリケーションの項目でも記しましたが、SMSを用いるのは目的を達成するツールとして有効であると判断された場合においてのみ用いるべきツールであると考えます。
SMSを用いることは決して目的にはなり得ません。結果として利用するに過ぎないツールです。

ソフトウェア開発研究所では、「SMSにて不便を解決出来るのか?」「SMSを用いる事で価値を高める事が出来るのか?」を十分に考え、その結果としてEMAILなどではなくSMSを用いる事が利用者により高い価値を提供出来るとの結論に至った場合にのみ、SMSを組み込んだアプリケーションの開発を決定します。

ソフトウェア開発研究所では、10年経過しても色褪せない価値を生み続けるアプリケーションを開発するために必要が生じた場合のみSMSを組み込んだアプリケーションを開発しております。

サービスサイト

十分な内容ではありませんが、簡易サイトをご用意しております。
右リンクよりご覧下さい。==> スマートSMS (多様なAPI実装済み)







定休日:土曜日,日曜日
営業時間:9時00分~18時00分

〒107-0061
東京都港区北青山2丁目7番11号
青山但馬屋ビル2階